日常的にスーパーなどに通っていると、大安売りなどとかかれた旗がいくつも目にとまるでしょう。のぼり旗は昔から人に何かを伝える手段として用いられ、商用に使われる前は戦争の道具として用いられていました。その目的もやはり他者に意志を伝えることであり、その点では昔から使い方は変わっていないのです。のぼり旗の利用について考えたら、今はかなり多彩な用途で使われていることがわかりました。実際に使われているコンビニやスーパーなどでも、特定のキャンペーンやイベントの際にこれをずらっと並べて、特別なことをアピールしています。神社などでも祭礼の際にはこれを設置し、イベントがあることを示すでしょう。昔から情報伝達の手段として、広告としてこれらが使われてきたのは、簡単に設置できて利用しやすいことや、丈夫で手入れしなくとも長く使えるからです。

現実に使われているのぼり旗について

カラオケボックスやパチンコ屋さんなど、アミューズメント系の接客業のお店には共通した面がいくつもあります。遊び場として賑わいを見せているこの場所では、お客は常に新しい娯楽を求める傾向があり、そこに立っているのぼり旗一つとっても、汚いものはほぼありません。これは、お店側で注意し、汚れたものや破れたものは速やかに交換して、お店のイメージを悪くしないように努めているからです。どんなお店でもそのアピールに関しては熱心であり、今もファミレスや飲食店などではこうしたグッズを使った宣伝が盛んに行われています。特に今はのぼり旗が現実に使われているケースが多いので、私たちにとってもなじみがあるのです。これを利用するお店はコスト面やアピール効果などを考えて設置していることもあり、非常に計算された使い方がなされています。

夏のイベントで使用したのぼり旗

会社が主催した夏のイベントでは、オリジナルののぼり旗を作成して会場に立てました。全くのオリジナルのデザインのものを半分で残りは汎用ののぼり旗を使用しました。のぼりは風が適度に吹くと目立つようになります。無風でも旗を支える棒によってデザインを確認することができます。多少強すぎる風でも良いのですが、一番困るのは風が回ることです。のぼりの文字は常に正面を向くわけではなく、裏向きになることも多いのです。もちろん、見方によるわけですからむしろ風が回った方が万遍なく見てもらえるのかもしれません。いずれにしても、多少派手な感じの方が目立ってインパクトが強くなるようです。会場を盛り上げるためにもデザインや色などに工夫をするべきだと思います。特に赤や黄色などは目立ちますし、白地だけでなく色々な色の背景を試してみると良さそうですね。